お知らせ

令和4年5月2日,同年5月6日は,ゴールデンウイーク期間中のため,最小限度の人数で執務を行っております。

そのため,お電話等つながりにくくなることが予想されますが,ご容赦くださいますよう,どうぞよろしくお願いいたします。

ご挨拶

湘南台の法律事務所として

当事務所の代表・岡崎が学生時代まで生活を送った湘南台。この慣れ親しんだ地域で、少しでも「地域のみなさまの力になりたい」という想いで、平成28 年4 月1 日に岡崎村瀬法律事務所を開設いたしました。

地域住民のみなさまにとって身近な法律事務所になれるよう、業務を行う所存です。

離婚・家族

離婚・家族
  • 離婚
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 親権
  • 年金分割
  • 養育費
  • 離縁

に関するご相談はこちら

相続・遺産分割

相続・遺産分割
  • 遺産分割
  • 遺言作成
  • 遺言執行
  • 成年後見

に関するご相談はこちら

金銭問題

金銭問題
  • 売掛金
  • 貸付金請求
  • 債権回収
  • 民事再生
  • 債務整理等

に関するご相談はこちら

交通事故

交通事故
  • 修理費用
  • 治療費
  • 休業損害
  • 慰謝料
  • 逸失利益

に関するご相談はこちら

不動産賃貸・売買

不動産賃貸・売買
  • 売買
  • 競売
  • 賃料請求
  • 建物明渡
  • 借地

に関するご相談はこちら

会社問題

会社問題
  • 契約書
  • 懲戒
  • 解雇
  • 残業代
  • 人員整理・従業員

に関するご相談はこちら

刑事事件

刑事事件
  • 被疑者
  • 被告人
  • 付添人
  • 被害者参加等

に関するご相談はこちら

その他のご相談

その他のご相談
  • その他各種事件

に関するご相談はこちら

感染症対策

 入口にアルコール消毒液を設置し,

 密閉しがちな打ち合わせ室においては,換気を徹底しております。

 また,右の写真の通り,相談者との間には,パーテーションを設置し,相互に飛沫等の飛散を防止しております。

 (マスクの着用をお願いしております。)

webによるお打合せ

 弊事務所においては,昨今の新型感染症の拡大をきっかけに,webによるお打合せを行い始めました。

※なお,ウェブによるお打合せは,ご相談者の方には対応しておらず,あくまでご依頼者の方にのみ対応しております。

 webによるお打合せを実施してみた際のメリットは次の通りです。

①時間をかけて,来所しなくて済むこと

従来の直接のお打合せの場合,時間をかけて事務所においでいただくことから,相談時間帯にも制限がありました。

(例えば,19時にお打合せをし,20時半頃に終わったとした場合に,帰宅する時間が遅くなるなど)

これに対して,webによるお打ち合せの場合,帰宅時間についての心配がなくなったものと思われます。

 

②お打合せ時間帯が比較的,広くとれること

従来の直接のお打合せによる場合,弁護士もお打合せ終了後,打ち合わせ室の片づけ,その後,帰宅するなどの時間が生じるため,遅くとも20時過ぎのお打合せについては,よほどの事情がない限り,ご遠慮いただいておりました。

これに対して,webによるお打合せの場合には,打ち合わせ室の片づけの必要はなくなり,また,すでに帰宅準備を整えてから,お打合せをすることなどが可能となりました。

そこで,webによるお打合せの場合には,20時過ぎにおいても比較的,対応は可能となりました。

(もっとも,20時過ぎのお打合せについては,従前どおり,よほどの事情がない場合には,ご遠慮いただいております。)

 

③短時間で終了することが多いこと,それによるデメリットがないこと

webによるお打合せの場合を実施してみて分かったことは,対面のお打合せの場合,本題から逸れるお話が入りやすかったためか,比較的長い時間お打合せをしていた傾向があったようです。

webによるお打合せの場合,同日の議題(お伝えすべきこと,ご判断いただきたいこと)などが明確となり,これに向けて集中してお打合せがなされることから,短時間で終了することが多い傾向があります。

また,従来の直接のお打合せによる場合,想定される打合せ時間が30分の場合には,わざわざお呼び立てすることに躊躇も生じることから,お電話による打合せで代用していたことも多々ありましたが,webによるお打合せの場合には,その心配がなくなりました。

 

④図を使ってのご説明が,変わらず可能なこと

従来の直接のお打合せの場合,面前で,リーガルパッドなどの紙に図示しながら,ご説明を差し上げておりました。

電話による打合せの場合には,「AからBの期間に,Cということが想定される」などご説明を差し上げた場合,ご依頼者がこれを把握するために,AとBの期間を把握した上で,Cの個所を想像しながら聞いていただくことが必要ですが,このCというのが,A寄りなのか,B寄りなのかなど,弁護士のイメージとご相談者様のイメージが一致するかについては心もとないものがございました。

これに対して,webによるお打合せの場合,事務所で設定した会議室(弊事務所においてはチームスをメインで使用しております。)を用いて行うのですが,ご説明の際,弁護士が画面共有機能を用いて,白紙のPDFに図示しながらのご説明を行うことが多いです。

そのため,上記の例の場合,AとBを図示しつつ,Cの場所をご説明しながら,記入していくので,イメージに齟齬が生じる恐れは電話に比較すれば,少なくなるものと考えております。

(蛇足ですが,PDFで記入するため,手書きのメモの場合,文字が読みにくいなどの弊害も抑えられます。)

 

⑤設定にそれほどご負担はないこと

設定方法等が分からないなどのご質問を頂戴しますが,弁護士の方からURLをお送りし,それをクリックしていただく作業で事足りるため,それほどご負担は生じないものと思われます。

以上のため,弊事務所においては,従前のように直接のお打合せと,webによるお打合せとを併用しておりますが,いずれの方法でもお打合せに支障がない場合には,webによるお打合せをお勧めさせていただいております。

PAGE TOP